MISC

リフォーム

世界15 か国からセレクトした輸入カーテンと住宅リフォームの専門店。海外有名ブランドから直輸入のオリジナルまで幅広いラインナップ。壁紙の張替・イスの張替などインテリアの事ならご相談下さい。
    • インテリア ファクトリー ルドファン
ADD.
目黒区自由が丘2-2-19
TEL
03-5701-6321
FAX
03-5701-6323 
OPEN
月曜日~金曜日 10:00~19:00
土曜日&日曜日 11:00~19:00 
CLOSE
水曜日定休日
MAIL
curtain155@le-dauphin.net
URL
http://www.le-dauphin.net/

輸入壁紙でお部屋をCHANGE

今回は 輸入壁紙の施工例をご紹介いたします。
新築マンションのご入居にあたって 真っ白なビニールクロスでは味気ないとお考えになられていたお客様です。カーテンでアクセントをつけたり、雰囲気を出すのはもちろんですが カーテン+輸入壁紙でグレード感のあるインテリアをご提案させていただきました。
輸入壁紙を貼った場所は、リビングのソファを置く壁と、寝室のベッドのヘッドボードの後ろになる壁 それぞれ1面ずつです。

リビングは 光沢のある花柄の輸入壁紙でイギリスのハーレクイーン社<HARLE QUIN>のものです。
オーダーカーテンは直輸入のシルクで後防炎加工をしてあります。腰窓のシェードにはフランス製のトリム(フリンジ)をつけました。掃き出し窓のオーダーカーテンに共布のタイバックが映っていますが、房掛の位置が ちょっと高めに見えると思いませんか?これは共布のタイバック(タッセル)は暫定的なものですでにお選びいただいている装飾のタイバックにあわせて高さをきめてあります。お部屋のベースが出来た段階で どんな色をさし色を持って着たら良いかを タイバックの色などふくめて、これからじっくり部屋作りを楽しんでいただけたら と思っています。

お部屋のベースが出来ると アクセントになる家具・クッション・ランプ等で雰囲気を変えることができます。
ここでは 2枚の写真で モダンなスタイルとクラッシクなスタイル どちらにも寄れることをご覧下さい。

寝室は、濃いこげ茶にグリーンの葉模様の輸入壁紙に麻とコットンの柄のオーダーカーテンです。リビングと同じイギリスのハーレクイーン社<HARLE QUIN>のものです。
このお部屋もベッドスプレッドやクッション・タイバックの色を同時に考えながらお部屋を作っていただく予定です。輸入壁紙にはほんのりダウンライトがあたってとてもいい雰囲気になっています。白いビニールクロスのままでこの雰囲気はでないですよね!
お客様からは、これがゴールではなく「途中の段階です」というお話をいただきました。
壁紙の張替えは古くなってから張り替えるだけではありません。輸入壁紙を1面だけを張り替えるだけでこんなに素敵なインテリアになるなら、是非ご新築のご入居前に素敵な空間を手にいれませんか?
オーダーカーテンと壁紙は一緒にトータルインテリアとして考えることによって相乗効果が生まれます。

こちらのお客様は ルドファンのホームページで輸入壁紙を扱っているのをご覧になってご来店くださいました。「大胆で明るい感じにしたい」というご要望にあわせてお部屋を作らせていただきました! お部屋は大きな壁面と作りつけの大きなオープンの書棚が組み合わさって出来ています。
採寸に伺った時に、2種類の<輸入壁紙の貼りわけ>というイメージが浮かび、メインの大きな壁面は花柄で、オープンの書棚な中は花柄のクロスにあうストライプ柄をご提案させていただきました。輸入壁紙は 花柄・ストライプ柄共にイギリス・オズボーン&リトル社製です。そしてオープンの書棚の小口部分も輸入壁紙の中の1色をとってパープルに!これがかなりお部屋の印象を決定付けていて、洋書スタイルのお部屋になったと思います。施工後、ご自身のお部屋でくつろぐ時間が増えましたというお客様のご感想をいただきました。
インテリアって 数学のようなひとつだけの正解はありません。
そして ゴールもありません。
つねに 進行形ですよね。
だから 楽しいのです。
オリジナリティあふれるインテリア、ご一緒に創りませんか?
東京都目黒区八雲1-5-5
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net

SHOP MAP

Translate »