MISC

FURNITURE

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Side chair..

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620
Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

 

・新入荷の商品はこちらから<NEW ARRAIVAL

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページUPしています。


11212151_565068d4e2be1

こんばんは!タカハシです

ここ2,3日で急に冬になったような気がしますねえ

休憩時間にはカイロを買いに行ってしまいました!

キーボードを打つ手もかじかんでしまいます(;;)

 

さて今回は、前回に引き続き再度

サイドチェアーのご紹介です^^!

 


11212151_565068e0225be

背もたれの部分が櫛のように見えます

コームバックタイプの椅子で、

マホガニー色がカントリーな雰囲気をだしています!

 


11212152_565068f0d4d0a

前側はロクロ脚、後ろは背もたれが

ロクロ仕様となっていてデザインの差し引きも

考えて製作されているようですね!

 

接合部分はクサビが使われています


IMG_4917l

IMG_4962l

 

そしてもう一脚!


11212209_56506d1de0474

こちらも同じくコームバックタイプの椅子です

 

先程ご紹介した椅子と座面高さは変わらないのですが、

背もたれが高めに作られています。

脚も長めで開かれていて、スリムな印象です

 


11212209_56506d127ea10


IMG_4991l

脚の先端は丸くなっていて可愛らしいです!

馬の脚の様にも見えてきます

 

ご紹介した2脚似た形ですが

異なるパーツや作りで印象も

また異なっていますね!

 

Side Chair *CHR186

 

Side Chair *CHR187

 

みなさんはどちらの椅子がお好みでしょうか?

それでは今日はこのへんで^^

 

Facebook Page;facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page 

Bicycle Page

Point No.39アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

 

SHOP MAP

Translate »