MISC

LAMP

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Edison Lamp "Solid Brass" 

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620
Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

 

Daytona BROS vol.39に紹介されました。

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページUPしています。


12211618_5677a7e1b35ea

 

こんにちはサナシンです。

 

さて、本日は以前から取扱のあるEdison Lampを

ご紹介致します。

 


IMG_1930l

 

店頭で扱っているEdison Lampは、真鍮製で

画像にある形状のソケットですが

現在、様々な形状のソケットがEdison Lampとして販売されています。

ソケットは年代によって呼び名や若干形状が違っていますが

こちらは1800年代後半から使用されていたファットボーイタイプと同型の物になっています。

 


05072247_536a396813152

 

日本でも、ファットボーイタイプのソケットを見かけますが

そのほとんどはアルミ製にメッキなどの加工を行い真鍮製に見せている

物がほとんどで、並べてみると差が良く分かります。

Edison Lampとして単体で使用する際に、雰囲気良く

ビンテージ家具などにあわせても浮かないような物として色々と探して

真鍮製のファットボーイタイプをアメリカのメーカから取寄せています。

 


IMG_1931l

 

真鍮製の為、長く使用していく事で表面のツヤが落ち着き

色も少しずつ古色になっていきます。

また、環境によってソケットの表情は変わってきますので

1年後同じ状態の物はなく自分だけの照明になります。

少しずつ表情を楽しめるというのも真鍮製だからこそです。

 

少し話がずれてしまいますが、こちらのソケットの様に

ねじ込んでいく形の物を、エジソンベースと呼び

イギリスなどの照明に多く見られるピンフック式は

スワンベースと呼ばれています。

 


05072247_536a397c21fb2

 

ビンテージが好きな方にはもちろん

ちょっとした照明をお探しの方にもオススメです。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

 

過去の記事はこちら→Point No.39 Blog

Facebook Page;facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page 

Bicycle Page

Point No.39ビンテージ家具とビンテージ自転車のお店

SHOP MAP

Translate »