MISC

LAMP

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Desk lamp Repair_2.

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620
Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

2/16(Tue) 発売雑誌 【2nd(セカンド) 2016年4月号 Vol.109】にて紹介されました。

2/10(wed) 発売雑誌 【CLUEL homme vol.6】 P136にて紹介されました。

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

写真 2016-03-06 13 12 34l 写真 2016-03-06 13 14 25l

 

こんにちはサナシンです。

 

本日は、少し前にご紹介した照明の修理が完了しましたので

ご紹介致します。

 

前回の記事はこちら→Desk lamp Repair.

 

IMG_0962l IMG_0969l

 

上の画像と見た目はほとんど変わっておりませんが

コードの交換とインナーソケットの清掃をして

使用出来る様にしています。

 

写真 2016-03-06 13 13 01l

 

IMG_0965l

 

スイッチが壊れていた部分は、元の物が修理不可でしたので

新たに取り付けています。

色味もエイジングを行い本体に合わせていますので

違和感無くなじんでいて、on/offの切り替えもバッチリです。

 

スイッチは、店頭で修理用にある新品の物を使用していますので

これからも問題なく使用可能です。

 

写真 2016-03-06 13 13 13l

IMG_0967l

 

土台のビスが無くなって固定が出来なくなっていましたが

合うビスを探してしっかりと固定しています。

フェルトなどを新しくあえてしまうと雰囲気が変わってしまうので

そのまま使用しています。

 

写真 2016-03-06 13 14 50l

IMG_0970l

 

スイッチが無いタイプもコードを全て替えソケットも

接着材を使用せずに固定しています。

 

IMG_0966l

IMG_0972l

 

それぞれ、難しい作業などは無かったのですが

ヨーロッパ製の為、コードを通すのが苦労しました。

本来、細いコードを使用するとスムーズに進むのですが

外から見える状態コードと内側のコードを別にする事が難しく

何とか店頭で使用しているコードを通す事が出来ています。

 

もちろんそのままでは通らないので、加工はしていますが

この状態でしたら、きっと気に入って頂けると思います。

 

店頭でご購入頂いていない物でも

修理は可能ですので、直したい照明などがございましたら

一度お問い合わせ下さい。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

Facebook Page;  facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page?

Bicycle Page

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

SHOP MAP

Translate »