MISC

BICYCLE

1900 年代初頭のアメリカ。今では生産が困難なほど良質な木や鉄をふんだんに使用した当時のインテリア。各国のメーカーが製造技術を競い合った時代の自転車。どの商品も隅々までレストアを施しています。
  • ポイント ナンバー 39
  • ADD.
    目黒区下目黒6-1-28
    TEL
    03-3716-0640
    FAX
    03-3716-0640
    OPEN
    12:00
    CLOSE
    20:00
    MAIL
    joylife@p39-clowns.com
    URL
    http://p39-clowns.com/

Schwinn varsity"October,1972".  

**お知らせ**

[Point No.38]
住所:東京都目黒区下目黒4-11-22
TEL:03-6452-4620
Point No.39,Point No.38共に水曜定休となります。

 

・納品事例:港区南青山

・3/24(Thu) 発売雑誌 【AERA STYLE MAGAZINE Vol.30 2016 SPRING】にて紹介されました。

「照明の購入前に知っておきたい。」説明ページ UPしています。

 

 

03221616_56f0f1312063b

 

こんにちはサナシンです。

 

本日は、お問い合わせの多いSchwinn Varsityの

ご紹介です。

 

Point Noで扱っているビンテージ自転車は

アメリカやフランスなど国外の物の為、サイズが大きい物が多く

中々小さめのサイズは見つからないのですが

こちらのVarsityは珍しく170cm前後の方でも

乗れるサイズになっています。

 

03221617_56f0f181002a1

 

シリアルナンバーは、ヘッドバッチ下にあり

October,1972の製造となります。

 

シリアルから製造年と製造月が分かります

1960年代頃になると製造日まで特定する事が可能になります。

 

IMG_0603l

 

ビンテージ自転車でよく誤解されるのがタイヤなどの消耗品が特別で

交換が出来ないという事です。

もちろん古い物の為、中には特別なサイズの車両もありますが

全てではなく現在でも手に入る物も多いです。

 

こちらのVarsityは27×1 1/4というサイズで、ロードタイプの自転車を

扱っている店舗であれば手に入るタイヤです。

 

ただし、中には特殊なサイズもありますので

ご購入時に確認をして下さい。

 

IMG_0600l

 

今では見かけなくなった5段のスプロケットですが、ビンテージのロードタイプでは

多く外装式の車両はほとんどがフロント2段、リア5段になっています。

もちろん、日常使用する分には5段で問題ありません。

 

スプロケットは、頻繁に交換する物ではありませんが

消耗品の部類に入りますので、交換する時期が来た場合でも

現在は、新品で5段のスプロケットが手に入ります。

ただ、歯数まで同じ物となるとビンテージ品を探す事になります。

 

IMG_0599l

 

サドルやそのほかのパーツもオリジナルで

比較的状態が良く、破損も無くそのまま使用可能です。

サドルは破れている物が多いのですが、こちらは

多少の使用感はあるものの破れはありません。

 

キャリパーやディレイラーにもSchwinnの刻印が入っているオリジナルです。

 

IMG_0614l

 

Schwinn varsity *P39-360 (NM)

 

現在、メンテナンス前ですが店頭にございますので

気になる方は是非見に来てください。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

Facebook Page;  facebook始めました。主にイベントの情報や写真などをアップしています。

Furniture Page

Bicycle Page

Point No.39 アンティーク家具とビンテージ自転車のお店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHOP MAP

Translate »